TOPへ戻る

〒160-0023
新宿区西新宿1-11-11 河野ビル3F

03-6304-5253

診療時間
午前診療  10:00〜14:00
午後診療  15:30〜19:00

当院で診療可能な診療科

夏の皮膚病

夏という季節は、一年の中でも最も多くの皮膚病が発生する時期です。特に多いのが、紫外線によるものや、汗により悪化するもの、草花や虫が原因となるものです。

夏は強い日差しを浴びる機会が増えるので、日焼け止めクリームを塗るなどの適切な対処をしていないと、無防備な状態で大量の紫外線を浴びてしまいます。これにより症状が出てくる場合があります。

将来的にシミやシワが発生するリスクも増えるので、面倒であってもしっかりと日焼け止め対策を行う必要があります。
また汗が原因となる皮膚病としては、水虫やたむしの白癬症、あせも、アトピー性皮膚炎などが挙げられます。汗をかいた後は濡れたタオルやティッシュなどで拭き取るようにしましょう。そのままにしておくと症状が悪化することがあります。

また、接触することで皮膚病が起こる恐れのある草花としては、ウルシやギンナン、キクやシソなどが挙げられます。虫はハチやアリ、ムカデや蚊、ダニなども皮膚に重大な影響を与えてしまうことがあるので注意が必要です。


万が一皮膚に何らかの症状が発生した場合は、新宿にある皮膚科を受診することをおすすめします。暑い夏を乗り切るためには、皮膚をケアして症状を防ぐことが大切です。