TOPへ戻る

〒160-0023
新宿区西新宿1-11-11 河野ビル3F

03-6304-5253

診療時間
午前診療  10:00〜14:00
午後診療  15:30〜19:00

当院で診療可能な診療科

背中ニキビは皮膚科ではどんな治療をする?

新宿駅からのアクセスも良い新宿区の皮膚科では、ニキビやアトピーなどの保険診療も行っています。新宿区の皮膚科では電子カルテや問診票を使っているために、診療も効率化されて待つ時間も短縮しています。こうした取り組みもあるため、新宿区の皮膚科では、事前の予約も不要です。新宿区にはいくつもの病院がりますが、予約をするのは少し手間と感じることもあります。しかし新宿区の皮膚科であれば予約なしで、診療時間内に病院を訪れることができます。新宿区の皮膚科では、医療費負担の軽減にも前向きです。新宿区の病院では、ジェネリック医薬品を処方したり、必要ではない検査も行いません。新宿区の皮膚科では、初心でも再診であっても、基本的な流れは変わりません。受付で保険証を提示して、問診票を記入して診察室で街、診察や検査をするといった流れです。

 

背中ニキビの皮膚科治療としては、いくつかの方法が挙げられます。背中ニキビを治すために来院した時に、まずは医薬品の処方があります。
内服薬は抗生物質やビタミンB2、ビタミンB6やビタミンC、それに漢方薬を処方されることもあります。改善方法として、塗り薬も処方されることはよくあります。

抗生物質などの抗菌剤は、原因菌に対して作用します。赤みなどの炎症も抑えてくれるのが、抗生物質の作用です。ニキビ対策の医薬品は、飲み薬と塗り薬があり、その肌状態を医師が判断しての処方となります。

抗生物質などは長期的な仕様ではなく、短期的な利用と考えることです。長く抗菌剤を使用すると耐性菌の発生で、治療を妨げることになるためです。大金性の発生は、抗生剤を使用しても効かなくなってきます。

レチノイド処方の塗り薬は、角質剥離作用があります。毛穴の詰まりを、良い方向へと改善する作用を持つ、レチノイド処方の塗り薬を、ホームケアとして使います。角質剥離作用というのは、皮膚のピーリングみたいな作用になります。そのため、皮膚のヒリヒリ感や軽い痛み、肌への赤みなどの症状が出ることもあります。処方されたら、使用方法や使用料は、必ず守って使うことです。

皮膚科での治療では、面皰圧出の方法での処置もあります。面皰圧出器を用いて、背中のニキビの膿を出すやり方です。皮膚の毛穴の詰まりだとか、白異状態や黄色い状態を治していくためにも使います。白い状態は自分で潰すこともできますが、誤ると跡を残すことになります。特に背中にきびになると、本人の手が届きませんから、皮膚科でお願いするのがいいでしょう。

保険適用として受けられる治療は、服用薬や塗り薬、それから面皰圧出などです。病院での保険適用で受けることのできる治療は、背中にきびでも比較的軽い症状に適しています。背中ニキビ跡が残ってしまったような場合は、自費治療での方法で改善へと向かわせます。

 

毛穴が詰まる要因としてあげられるのは、皮脂の過剰分泌もそのひとつです。背中のパーツは皮脂分泌が多いゾーンです。元々がそうなのですから、通常よりも皮脂の分泌が増えて排出もできないと、毛穴は詰まりやすくなります。

男性ホルモンは、皮脂の過剰分泌に密接な関係があります。睡眠不足で交感神経が活性化したり、過度なストレスで抗ストレスホルモンが分泌されたりすることで、体内の男性ホルモン分泌量は増加します。皮脂腺を刺激する作用が、男性ホルモンにはあるためです。順調に処理できたはずの皮脂量が処理しきれなくなってしまい、皮膚のは過剰な皮脂が残ることになります。毛穴の中には古い角質と皮脂が混ざることになり、角栓となって毛穴を塞いでしまいます。

日々の食生活も、大きく影響を与えることになります。白い砂糖や炭水化物類の食材は、血糖値を急上昇させる要素があります。インシュリンは血糖値を下げるために、自然に分泌されるものです。それは男性ホルモンを刺激する作用もあります。ですから結果としては、皮脂分泌を過剰な状態にすることになるのです。これは想物性脂肪が多い、高脂肪食にも同じことが言えます。皮脂腺を脂肪分が刺激するために、皮脂分泌は増えることになります。

皮脂分泌を抑制してくれる栄養素は、ビタミンB群の栄養成分です。特にビタミンB2やビタミンB6の成分は、皮脂の過剰分泌を抑えるのに役立ちます。予防や改善のためにも、積極的にビタミンB群は摂取したい栄養素です。

毛穴が詰まりやすくなるのは、洗浄成分の洗い残しや、毛穴の周りの角質化なども引き金になります。シャンプーやボディソープを使用して、洗い方が不十分であった場合、余分な皮脂や古い角質は毛穴に蓄積されやすくなります。

特に背中は手が回しにくく、自分でも洗いにくいゾーンですから、洗い残しはしやすい場所です。トリートメントやシャンプー剤が、毛穴に詰まってしまうこともあります。洗浄成分やトリートメントに含まれる、添加物や改善活性剤は皮膚にとって異物であるため、毛穴に残留したこういった物質は、角質化になる元になります。