TOPへ戻る

〒160-0023
新宿区西新宿1-11-11 河野ビル3F

03-6304-5253

診療時間
午前診療  10:00〜14:00
午後診療  15:30〜19:00

当院で診療可能な診療科

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎とは、脂漏状態で皮膚炎になってしまった状態の事です。まず脂漏ですが、これは、過剰に皮脂が分泌されている状態の事です。通常、私達の体からは毎日皮脂が分泌されているのですが、その分泌が多くなってしまう事があります。そして、カビや紫外線などが干渉する事によって炎症になった状態のことを脂漏性皮膚炎といいます。

原因

脂漏性皮膚炎の原因というのは、やはり生活そのものにあります。例えばビタミンBが不足しているだけではなく、ファーストフードなどの脂っこい食事を好んでいれば食事のバランスは崩壊してしまいます。しかし、現代ではそういった食事が一般的になっていますので、本人が気をつける必要があるのです。

他にも、生活が忙しいと睡眠時間が減って寝不足になります。その状態で生活をしているとストレスがどんどん溜まっていきます。しかし、ストレスが溜まった状態ですとせっかく時間があってもなかなか寝付けない事も多いので、どうしても悪循環が続いてしまう事があります。せめてストレスだけでも解消するなどの対策を取らないと、他の病気を発症してしまう危険性もありますね。

また、不潔にしていると発症しやすくなります。つい忙しくてお風呂にあまり入れていない、という時には要注意。普段生活をしていて付着した細菌や花粉など、色々な汚れを洗い流す事も出来ます。しかし、そのまま放置していると炎症の原因になってしまいます。そのため、入浴を毎日の習慣にする必要があります。

治療方法

治療方法には、飲み薬の服用と塗り薬の2つがあります。基本的には全て症状によってどの薬を使用するか分かれます。塗り薬であれば、ステロイド剤や抗真菌剤を使用します。痒みが強い場合には抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤が処方されます。ビタミンの欠乏も関係していますので、その場合はビタミン製剤などが処方されます。

脂漏性皮膚炎になってしまったら、日常の注意点としてはとにかく清潔にする事です。この時、シャンプーやボディーソープなどはなるべく低刺激のものを使用するようにして下さい。洗う際には、優しく丁寧に行います。強い刺激を与えてしまいますと、肌に傷を残してしまう可能性もありますので注意して下さいね。