TOPへ戻る

〒160-0023
新宿区西新宿1-11-11 河野ビル3F

03-6304-5253

診療時間
午前診療  10:00〜14:00
午後診療  15:30〜19:00

当院で診療可能な診療科

手荒れの治療・診察

当院皮膚科では、手荒れ・肌荒れの治療をおこなっています。
予約なしで受診できるので気になったらすぐに治療を開始することをおすすめします。

肌荒れとは皮膚の脂質が減少し、
肌本来が持っているバリア機能が低下してしまい炎症を起こす病気です。

これが手のひらや指で起きた場合を手荒れといいます。

手荒れは家事を担当する主婦に多く見られることから主婦湿疹とも呼ばれます。

その他、 水仕事をする機会の多い人はどうしても手荒れを起こしやすい傾向にあり注意が必要です。

■手荒れの原因
手荒れの原因はひとつではありません。

日常生活の中で手に触れるさまざまなものが引き金になります。
ある人にとっては刺激となっても別の人にはそうならないなど個人差もあります。

また、身体の他には肌荒れはないのに手荒れだけは起こすこともめずらしくありません。皮膚の表面を保護している脂質が少ない乾燥肌の人はどうしても肌荒れも起こしやすい傾向があります。

洗剤やシャンプーが主な原因になっていますが、
水に触れただけでも手荒れを起こすケースもあり、
トリガーはその人の体質や抵抗力によってじつに千差万別なのです。

病例と改善例

指と手のひらを中心にして乾燥から赤みを生じ、びらんへと進みます。

ひどい場合は亀裂までできてしまい、ジクジクと痛むようになります。
だいたいかゆみがあらわれますが、
かきこわすことでさらに悪化して痛みを感じるケースさえあります。

しかし、 手荒れの症例は皮膚科で適切な治療を受ければ完治するものばかりなので心配ありません。

早めに治療するほど治りも良いので、
カサつきやかゆみがひどくなる前に受診することをおすすめします。

新宿のオフィス街にある当院では、
特に、インフルエンザなどが流行しやすい冬季には、消毒薬を使いすぎたり、
手を洗いすぎたりして、手荒れになって訪れること方が増えます。

消毒薬は適度に使用して、保湿剤をつけるだけで改善することもあります。

治療方法

手荒れの検査はとくになく、皮膚の状態と経過から手荒れと診断されます。

手荒れの治療は塗り薬がメインです。
処方されたハンドクリームや保湿剤を塗って、油分と水分を補うようにしましょう。

炎症が強く、かゆみが強い場合には、ステロイド剤を使用することもあります。
手荒れ治療をうたったハンドクリームはドラッグストアでも売っていますが、
あれこれ試しても治らないという話もよく聞きます。

早く治したい手荒れは市販薬よりも皮膚科の治療がおすすめです。

日常生活の注意点

手荒れの治療中には日常生活でもいくつか気をつけるべきポイントがあります。
食器洗いの際はできるだけ刺激の少ない洗剤を使用するようにしましょう。

界面活性剤が手荒れの元という説もあるので、
不使用のものを選択するというのもひとつの方法です。

食洗器を導入するなどしてできるだけ水仕事の時間を少なくしましょう。

それでも掃除、洗濯など手が水に触れる機会をゼロにできるわけではありません。
もし手が濡れてしまったらすぐにふき取って保湿剤を塗る習慣をつけましょう。