TOPへ戻る

〒160-0023
新宿区西新宿1-11-11 河野ビル3F

03-6304-5253

診療時間
午前診療  10:00〜14:00
午後診療  15:30〜19:00

当院で診療可能な診療科

デュアックゲル

デュアックゲルとは

ニキビの治療が当然のように皮膚科で行われるようになったのは、90年代後半になります。
ニキビの治療と言えば、ニキビの柱ともいえる面皰を押し出すといった外科的療法が主流でしたが、90年代後半になりようやくニキビ治療が皮膚科医療の一つと認識されるようになりました。

徐々に海外でつくり出された薬や治療法が取り入れられてきましたが、近年、厚生労働省から認められ保険適応となった効果の高いニキビ治療薬が「デュアックゲル」です。

デュアックゲルにはクリンダマイシンリン酸エステル水和物と過酸化ベンゾイルという二種類の成分が配合されています。
ニキビの原因ともいわれるアクネ菌が増殖することでニキビを形成してしまうのですが、菌の増殖にはタンパク質が関係します。
菌がタンパク質を合成しようとする過程を邪魔し、さらには、菌が酸素を嫌う性質にあえて酸化させ殺菌しようとする作用を施します。

また最近では抗菌剤を使用し続けることで菌が慣れてしまい、対抗する術を得る「耐性菌」が増加しています。
これに対してニキビ治療が難しくなるといった問題点が重要視されています。
デュアックゲルはそのような耐性菌が現れにくいといったメリットもあるといわれています。

当院皮膚科では新宿や西新宿などで働いている方々に対して、男女関わらず、ニキビを保険診療しています。

デュアックゲルの副作用

どんな薬にも副作用はあらかじめ提示されています。
副作用と言えば、恐ろしい症状のように捕らえがちですが、治癒するまでの通過点である場合もあります。

デュアックゲルの副作用としては、乾燥感や皮膚がカサカサとむけるような症状、赤みや腫れの現れ、ヒリヒリとした痛みや痒みなどがあげられています。
またアトピー性皮膚炎や、接触性皮膚炎などの経験がある場合には、個人差を持った症状が現れることも考えられますので、薬の適応についてもしっかりと判断が必要になります。

ニキビ治療の薬は薬局で販売されている商品も多く、手軽に購入して使用できますが、こういった副作用に対しても、個人の背景や環境をもとにした対応や処置ができるのは医療機関となります。

新宿に所在する当院皮膚科では、患者様のニキビ治療に効果的な薬剤を処方するとともに、ニキビの改善に効果的な生活指導も行っていきます。

ニキビは皮膚科治療の対象です。
独自に対策するよりは皮膚科において正しい治療を受けることをおすすめいたします。

ニキビに関するお悩みは、当院皮膚科にご相談ください。