検査結果WEB照会システム

TOPへ戻る

〒160-0023
新宿区西新宿1-11-11 河野ビル3F

03-6304-5253

診療時間
午前診療  10:00〜14:00
午後診療  15:30〜19:00

当院で診療可能な診療科

膀胱炎と尿路感染症の基本

膀胱炎は、女性の罹患率が高い病気です。膀胱までの尿路が短いことが原因とされています。

よくみられる症状としては、頻尿があげられます。一日何度もトイレに行くことになります。健康体の方は通常5~6回が目安ですから、10回もお手洗いにいくようだと頻尿と考えてよいでしょう。また、排尿後の痛みも特徴的な症状です。さらにはおしっこが出きっていないと感じる残尿感もあります。

以上のような症状が出てきたら、一度泌尿器科を受診したほうがいいでしょう。続いて尿路感染症ですが、この病気は小さなお子さんによく見られるものです。おしっこの出口(尿道口)から細菌が膀胱内に入ることによって生じます。したがって、膀胱炎同様に男のお子さんよりも尿道の短い女のお子さんに尿路感染は起きやすいとされています。

主な症状としましては、発熱と排尿時に痛がる、尿の異臭などがあります。また、膀胱の中で感染がとどまっているものは膀胱炎と呼ばれ、さらに細菌が膀胱から腎臓まで到達してしまうと腎盂腎炎を起こしてしまいます。

尿路感染症は尿の中に細菌がいることを確認することで確定されますので、お近くの泌尿器科を受診しましょう。新宿へのアクセスがいい方は、新宿駅前クリニックへお越しください。