検査結果WEB照会システム

TOPへ戻る

〒160-0023
新宿区西新宿1-11-11 河野ビル3F

03-6304-5253

診療時間
午前診療  10:00〜14:00
午後診療  15:30〜19:00

当院で診療可能な診療科

男の性病と女の性病の違いはある?

性病と聞いて、あなたはどのような印象を持たれますか。ほとんどの方は、自分たちの生活とはあまり関係が無い、と思っていらっしゃるのではないでしょうか。健康診断は毎年受けられても、性病の定期検診を受けるという方はごく稀でしょう。しかしながら、近年一時期減った患者数が増え続けており、それもごく普通の生活を送っているはずの、若い方の増加が目立っているのです。性病は、自分たちと関係ない世界のお話ではありません。
ここでは、そのような性病の実態を、特に男女の違いという点に焦点をあてて、お話ししたいと思います。

性別による違いという観点から見ると、最も大きな違いは症状が出やすいかそれともあまり出ないのか、ということになります。一般的に、男の場合は感染すると比較的はっきりとした症状が出ることが多いのですが、女の場合にはこれといった症状がなく、検診を受けるまで気が付かなかった、というケースも珍しくありません。その分、慢性化・重症化しやすいと言えます。
性病で最も感染者数が多いクラミジアを例にとって見てみましょう。男はクラミジアに感染すると、淋病ほど激しい症状は出ませんが、たいていの人が排尿時に痛みを感じたり、違和感を覚えたりといった自覚症状が現れます。また、ことに朝の排尿時などに、尿道口に粘着性の分泌物を見ることがあります。
それに対して女の場合には、おりものが少し増えるということはありますが、たいていの場合、病気がかなり進んでいかないとこれといった自覚症状を感じることはありません。ですから、気が付いた時には菌が腹腔内にまで進んでいる、ということが起こるのです。
ただし、男でも口腔内感染の場合には、はっきりとした自覚症状が出て来ないことが多いので、注意が必要です。今は性風俗店などでオーラルセックスを行っている所が多く、性器ではなく口腔内に感染するケースも増えています。心当たりのある方で「喉が痛い」などの自覚症状があったら、感染している危険性が高いでしょう。
以上のように、女は男に比べると症状が現れにくいという違いがありますので、男の方で何らかの自覚症状を感じたならば、すぐさま検査を受けましょう。そして、もしも性病に感染していたら、パートナーの女性にもぜひとも検査を受けるよう、進めてみてください。
新宿区にある「新宿駅前クリニック」は、駅から歩いて1分という近さです。性病だけではなく、皮膚科や内科など様々な科がありますので、抵抗なく受診することができるでしょう。新宿区に遊びに行くついでに、友達と会ったその後で、気軽に立ち寄ることができる立地です。パートナーに病気をうつしてしまう前に、まずは自分の検査を新宿区のクリニックでしてみませんか。

「この間、つい性風俗のお店に行ってしまい、オーラルセックスをしてしまった、症状はないけれど、心配」「この前、合コンでつい会ったばかりの女の子とディープ・キスまでいってしまった、何だか気になる」、そんな経験は誰にでもあることでしょう。もしかしたら、というその時に、果たしてどのようなクリニックを受診したら良いのでしょうか。
ここで気をつけたいことですが、性病が疑われる、検査したい、といった場合、男と女では受診する科が異なってきます。女の場合は婦人科ですが、男の場合には泌尿器科になります。泌尿器科なんて、何だか性病と関係がないみたいじゃないか、と感じるかもしれませんが、やはり男の場合、病気の症状は尿道を中心に現れることがほとんどなのです。ですから、何かおかしい、ちょっと気になる、このような時には迷わず泌尿器科を受診しましょう。
でも、泌尿器科にのこのこ入って行くなんて、いかにも、という気がしてどうも気が引ける、そんな方も多いかもしれません。新宿区の「新宿駅前クリニック」でしたら、一つのクリニックの中に様々な科が置かれていますので、どの科を受診したのか、外から見たのでは分からないようになっています。友達の目が気になる、どうもクリニックの雰囲気が心配、そんな方でもこの新宿区の「新宿駅前クリニック」の泌尿器科でしたら、ごく普通の内科のクリニックを受診する感覚で、訪れることができるはずです。
新宿区は通勤や通学などでいつも通っている、という方も多いことでしょう。そんななじみのある街、新宿区にある泌尿器科で、きっと検査もリラックスして受けることができるでしょう。
性病は、決して自然治癒する病気ではありません。それどころか、放置しておくとますます重症化・慢性化し、難治化していく病気なのです。男は自覚症状が現れやすいという利点があるのですから、それを生かさない手はないでしょう。どうか、身体が送ってくれるサインを見逃したり、放置したりすることのないよう、日頃の生活の中で気をつけてください。
まずは、新宿区の「新宿駅前クリニック」で検査及び相談を受けてみませんか。きっと、泌尿器科に対するイメージが変わるはずです。