検査結果WEB照会システム

TOPへ戻る

〒160-0023
新宿区西新宿1-11-11 河野ビル3F

03-6304-5253

診療時間
午前診療  10:00〜14:00
午後診療  15:30〜19:00

当院で診療可能な診療科

男性の性病検査は、どこで受けられるの?

かゆみや痛みなど、性器あたりになんらかの不調や異常を感じている方は、
我慢せず病院に足を運びましょう。

基本的に男性であれば、泌尿器科や男性の性感染症内科で診察ができ、
性病にかかっていないか心配だという場合も、医師の判断の上、
性病の検査をしてもらえるでしょう。

性病の中には自覚症状がでにくいものや、感染から発症までの期間に個人差があります。
性病の検査をうけるなんてちょっと…と思うかもしれませんが、
なにも症状が出ていなくても性病にかかっている可能性はないとはいえません。

念のために、症状がない場合は、自由診療になりますが、
健康診断をわりきって検査したほうが気持ちも安心です。

泌尿器科で性病検査を受けてみよう!

病院での性病検査を受ける場合、まずは問診し、検査となります。

性病によって検査法はさまざまで、エイズや梅毒なら血液検査、尿道炎なら尿検査など、
症状によって変わってきます。
それらの検査結果から、性病の可能性があると診断されると、症状にあった治療、
生活指導などが行われます。

病院に検査を受けに行くときになんらかの症状が出ている場合は、自覚している症状、
パートナーの有無、自分の病歴や服用中の薬などをメモして、診察日に持参するとよいでしょう。

性病は放置すると、最悪の場合は、不妊症や命にかかわることもあります。
感染をパートナーに広げてしまう可能性もありますので、早期発見と早期治療を心がけましょう。

ひとごとじゃない!男性の性病と不妊の関係とは

不妊を引き起こす可能性のある性病

性感染症が不妊の原因となることをご存じでしょうか。
女性が男性から性感染症をうつされた場合、まずは子宮頚管炎を引き起こし、子宮内膜炎、
卵管炎、骨盤内感染症と徐々に悪化する恐れがあります。

炎症が起こると精子の通り道がふさがってしまい、不妊症や子宮外妊娠の原因となります。
このような不妊の原因となる性感染症として、クラミジア・淋病などが知られています。

性病の中には症状が軽いもの、自覚症状が全く無いものもあるため、
気がつかないうちにパートナーに感染してしまうこともあります。
不安や心当たりがある場合には一度きちんと検査をしておくことが大切です。

性病の治療方法と治療中の禁止事項

通常、性病は自然治癒しない場合が多いです。
そのため、男性でしてたら、泌尿器科や男性の性感染症内科、女性でしたら、
婦人科や女性の性感染症内科など、医療機関での適切な治療が必要になります。

性病の多くは、細菌やウイルスの感染が原因となります。
そこで、多くの場合、抗生物質を使って治療を行います。
(ウイルス薬を使用することもあります)

抗生物質を飲むときの注意点として「最後まで必ず飲み切らなければならない」
ということが挙げられます。
症状が治まったからといって途中で飲むのをやめてしまうと、
体に残った細菌が薬に対する耐性をもつ耐性菌になってしまいます。

耐性菌には同じ抗生物質が効かなくなるため、根治が困難になる恐れがあるのです。
処方された薬は、医師の許可がでるまでは、必ず飲み続けるようにしましょう。

新宿駅前にある当院では、男性医師が男性の性病検査・即日治療をおこなっております。
お気軽にご相談ください。