TOPへ戻る

〒160-0023
新宿区西新宿1-11-11 河野ビル3F

03-6304-5253

診療時間
午前診療  10:00〜14:00
午後診療  15:30〜19:00

当院で診療可能な診療科

長引く咳

コンコンと長引く咳にお困りの方も多いかと思います。何よりずっとこういった症状が続くというは、何か大きな病気にかかっているのかも?と不安になってしまう事があります。そこで、長引く咳の原因などをご説明させて頂きます。

まず、医学的に長引いている期間が分類されています。微熱や鼻水などの後に来る場合、3週間ほど程度であればいわゆる風邪の後遺症として考えられています。もちろん風邪の後に違う病気を発病するケースもありますので油断は出来ませんが、それでおさまったのならひとまず安心して良いでしょう。そして、何かしらの病気が原因になっていると考えられるのは8週間以上咳が続くケースです。ここまで風邪の後遺症が長引く事はほとんどありませんので、おかしいと思ったら早めの受診が重要です。

原因

原因ですが、一番多いのは咳喘息です。喘息ということでびっくりされてしまう方が多いのですが、一般的にイメージされる苦しさを伴った喘息とは違います。ただ咳が長く続くだけですので、息苦しさを感じる事はありません。患者さんによって咳が出るタイミングというのは違うのですが、寝る前横になっていると必ず出る、秋になると出る、寒い場所にいると出るなど、きっかけが決まっている事が多いです。

次に、痰が絡んでいる場合や鼻水がのどの方にも垂れてくるといった症状を併発している場合には、蓄膿症と関係している場合があります。蓄膿症の原因は副鼻腔に膿がたまることです。膿がたまると嫌なにおいに悩まされてしまったりする事もあります。まずは花粉などが鼻孔で炎症を起こし、それを放置していると蓄膿症になる事があります。

また、胃食道逆流症という、胃酸が食道の方に逆流してしまう病気になっても咳が長続きする場合があります。胃食道逆流症の場合は胸焼けがしたり、のどが焼けるような感覚を覚える方が多いです。こちらも併発している症状から判断しやすいですね。

このように、長引く咳の原因の最も多い理由が咳喘息なのです。そして、このまま放置しておくと本格的な喘息になってしまう危険性が非常に高いです。最初はほんの数回の咳だったとしても、それが長引き、今度は全く止まらなくなる。そして、最終的には喘息になってしまう。こういうケースの方は思っている以上に多いものです。ヒューヒュー、ゼーゼーといった咳が8週間以上続き、他に特に症状が無い場合にはほとんどの確率で咳喘息なので、悪化しないように早めに治療を開始しましょう。