TOPへ戻る

〒160-0023
新宿区西新宿1-11-11 河野ビル3F

03-6304-5253

診療時間
午前診療  10:00〜14:00
午後診療  15:30〜19:00

当院で診療可能な診療科

これって喘息?喘息に移行しやすい症状とは?

風邪が原因になることも?喘息の原因ときっかけとは?

喘息の人はダニや花粉・ハウスダストによるアレルギーなどが原因となり、
慢性的に気管支粘膜に炎症が続くため、気管支が狭くなっています。

喘息発作を起こすと、気道粘膜がむくみ、筋肉が縮むことで空気の通り道がふさがり、
「気道閉塞」を引き起こすことがあります。

ひどくなると動けなくなるほどの発作に繋がるので注意が必要です。
こうした慢性的な炎症を引き起こすきっかけとなる病気に、咳喘息があります。

咳喘息は、風邪などの感染症のあとにのどの炎症が残り、咳が長期間取れない状態のことです。
咳が8週間以上続く場合は咳喘息の危険が高くなります。

1~2カ月の薬物療法で治療しますが、
そのうちのある程度の人がそのまま喘息に移行することが知られています。
咳が気になる場合は放置せずに、なるべく早いうちに治療を始め、炎症を抑えることが大切です。

自己判断は危険!喘息と間違えやすい病気とは?

咳や痰を伴う主な病気として、風邪・インフルエンザ・百日咳・マイコプラズマ・結核・
アトピー性咳嗽・急性気管支炎・心因性咳嗽・肺がんなどがあります。

感染症によって起こる咳から喘息に移行することもあるので、
症状が激しい場合や長引く場合には特に注意が必要です。

呼吸困難を伴う病気には肺水腫やCOPD、過換気症候群があり、
これらも咳や痰、心肺機能の低下などぜんそくに間違えやすい症状が起こります。

また、喘息と一緒に起こりやすい病気として、花粉症やアレルギー性鼻炎があります。
花粉症の時期は喘息発作が起こりやすい時期でもあるので、予防対策をしっかり取りましょう。


新宿区西新宿の当院では、喘息の治療をおこなっています。
喘息の発作時の治療だけではなく、日頃から吸入や内服などの、喘息の予防も大切です。

予約不要で、診療しており、新宿や都内で働いている方にも通院いただいております。
お気軽にご相談ください。