TOPへ戻る

〒160-0023
新宿区西新宿1-11-11 河野ビル3F

03-6304-5253

診療時間
午前診療  10:00〜14:00
午後診療  15:30〜19:00

当院で診療可能な診療科

花粉症が増えた原因

花粉症は、I型アレルギーに分類される疾患の一種であり、植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に接触することで引き起こされて、くしゃみや鼻水、目のかゆみ、鼻づまりなどの一連の症状が特徴的な症候群のことです。近代になり急激に増加したと考えられており、日本では約30パーセントの割合で発症していると報告されています。

花粉症が増加した原因には、食生活や住環境の変化、花粉の飛散量の増加、免疫力の低下などが考えられています。ただし、その全貌は明らかになっていないので、検査によりアレルゲンを特定して、それを改善するということが新宿などの内科で行われている治療の基本となります。

これは、発症者が増加したことにより、たいていの医師は花粉症についての知識を備えるようになったことが関係しています。つまり、耳鼻咽喉科だけが専門的に取り扱っている疾患ではないということです。子供が発症した場合は小児科、妊婦及び授乳婦の場合は産婦人科の方が柔軟な対応を期待できるケースがあります。

また、症状にあわせて診療科を選択するのも適当な方法です。つまり、目の症状であれば眼科、鼻や咽喉の症状であれば耳鼻咽喉科、皮膚に異常が出た場合は皮膚科という様な内容です。