TOPへ戻る

〒160-0023
新宿区西新宿1-11-11 河野ビル3F

03-6304-5253

診療時間
午前診療  10:00〜14:00
午後診療  15:30〜19:00

当院で診療可能な診療科

【新宿の皮膚科コラム】つらい花粉症のを軽くする方法は?

一般に、花粉の飛ぶ量は、夏の気象条件が大きく影響していると言われていて、気温が高く、日照時間が多く、そして雨の少ない夏の場合、多くの花芽が形成されることから、翌春の花粉の飛散する数が多くなると言われています。

そして、春になると、花粉の飛ぶ量が問題視されますが、毎年、春になるとやってくる辛い花粉症は、人によって原因となる花粉の種類や症状の出方、そして重症度などに差があります。

しかし、花粉症の辛さは、なった人にしかわからないといわれるほど、日常生活に大きな影響があることは間違いがありません。

そのため、少しでも、花粉症を軽くするための努力をしたり、適切な対処が必要となりますが、自分にあう治療法や対策などを病院で医師と相談しながら治療を進めることが大切です。

新宿駅から徒歩1分の利便性が良い場所にある新宿駅前クリニック耳鼻科は、体調が悪くても、多忙でなかなか病院に行けない人のために昼休みの時間帯も診療を行なっているので、思い立ったら、すぐに受診ができます。

花粉症を軽くする方法として、アレルギー体質を改善したり、アレルギー反応を起きにくくすることが大切なこととなりますが、そのためには、生活習慣の改善が必須で、まずは疲労をためないようにすることから始めましょう。

そして、疲労は、自律神経を過敏にしてアレルギー反応を起こしやすくしてしまうため、疲労が重ならないように気を配り、疲れをためずに充分な睡眠と休息を取ることを心掛けましょう。

また、精神的なストレスも自律神経を刺激して症状を悪化させるので、ストレスを溜めないようにして、運動や趣味などでストレスの解消をはかりましょう。

なお、血行を良くする運動は、アレルギー体質の改善に、とても有効です。

また、鼻の粘膜の毛細血管を広げ、鼻づまりをひどくしてしまうお酒や香辛料などの刺激物は避けましょう。

さらに、花粉症を軽くする方法では、栄養バランスが取れた食生活を習慣付けたり、過敏すぎる皮膚を鍛えることも効果的で、薄着にしたり、皮膚を強くすることで、アレルギーに対する抵抗力がつきます。

このように、花粉による症状を軽くする方法は日常生活のなかの改善で行なうことができますが、多忙な現代人にとって、規則正しい生活や、ストレスを無くすことなどは難しいことといえます。

そのため、花粉症の強い症状が現れる前に、薬を服用して症状を抑える初期療法は、花粉が飛散する1~2週間前から薬の服用を開始し、花粉症の症状が出る時期を遅らせる治療法ですが、この治療法により、花粉症のピーク時の症状を軽減し、症状の終了時期を早めることができます。

このような初期療法は、耳鼻科で行なっているので、病院に行って医師と相談しながら治療方法の相談をするようにしましょう。

そして、新宿駅から西口1分、南口から2分の便利な場所にある新宿駅前クリニック耳鼻科では、初期療法を実践している耳鼻科です。

また、新宿駅前クリニック耳鼻科は、院内にある皮膚科、内科、泌尿器科と連携しているため、他の症状がある時でも、専門の医師が常駐しているので安心して診療が受けられます。

また、新宿駅前クリニック耳鼻科は、予約がいらないので、いつでも受診ができます。

花粉によって発生したヒスタミンの働きを抑制する抗ヒスタミンは、市販の薬や病院で処方される薬に多く含まれ、ヒスタミンの働きに直接的に作用して、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどに即効的な効果があり、抗アレルギー薬と比較すると明らかな症状の改善が体感できことが特徴です。

そして、抗ヒスタミン薬の薬効の効果は高いのですが、持続時間が4~6時間程度と短く、長時間の効果は期待できないため、市販の鼻炎カプセルなどでは、2層構造や、溶け出す時間が違う2種類の薬を配合して、 即効性と持続性を謳っています。

また、抗ヒスタミン薬は、くしゃみや鼻水に対しては効果的ですが、鼻づまりに対してはあまり効果がなく、

眠気や、口の渇き、倦怠感などの副作用がありますが、人により、かなり強い眠気を感じることがあるため、市販の鼻炎カプセルなどは、注意書きに必ず、乗り物の運転や機械の操作などの作業を控えることの警告が記述してあります。

しかし、この抗ヒスタミンには、強い副作用がなく、即効性も高いことから、市販薬でも人気がありますが、このような抗ヒスタミン成分が含まれている薬には、ジルテック、タリオン、アレグラ、ゼスランなどがあります。

なお、花粉症などのアレルギーは、症状の悪化に伴って薬が効きづらくなりますが、軽症なうちから薬を服用することで、花粉の飛散量が多くなるピーク時でも、症状をコントロールしたり、症状の緩和に役立ちます。

そして、新宿駅前クリニック耳鼻科では、辛い花粉症などのアレルギーに対応した診療を行なっています。

また、新宿駅前クリニック耳鼻科は、問診票や電子カルテを駆使して効率化することで、待たせない診療を実践しています。

なお、新宿駅前の耳鼻科の階下には調剤薬局があるので、診療のあとにスムーズに薬が受取れます。

このような新宿駅前クリニック耳鼻科は、夜間診療を行なっているので、多忙な人でも会社帰りに受診することができます。