TOPへ戻る

〒160-0023
新宿区西新宿1-11-11 河野ビル3F

03-6304-5253

診療時間
午前診療  10:00〜14:00
午後診療  15:30〜19:00

当院で診療可能な診療科

背中ニキビについて

背中ニキビとは

背中ニキビとは背中にできるニキビのことを言いますが、胸やお尻にできるニキビも総称して背中ニキビと呼ばれることがあります。20代から30代に発症する大人ニキビの一種ともいわれています。背中にできるニキビは顔と違い目で見て確認することが難しいため、気が付いた時には悪化していることが大変多いニキビとなります。また、背もたれに寄りかかる、仰向けに眠るといった背中を接地することが日常生活では多く、顔にできるニキビよりも悪化しやすいニキビとなります。

背中ニキビは、自身の手では届きにくいところにできやすく、さらに手が届かないので自分自身では治療がとてもしにくいです。
もし症状がでたらすぐに皮膚科に行くべきです。いかないでいるとどんどん背中ニキビができ取り返しのつかないことになります。特に女性ですと背中の空いた服を着れなかったり、海などに行くのにも戸惑ってしまうと思います。

背中ニキビの原因

背中ニキビの原因はいろいろとあります。

まず、顔にできるニキビと共通しているのはホルモンバランスと日常生活です。特に女性は月経前になると黄体ホルモンが増えるため皮脂の分泌が盛んになり、肌も敏感になるため、ニキビができやすくなります。顔と違い、背中は皮膚の面積が広い分、皮脂が分泌される場所が多く存在します。そのため背中にはニキビができやすいとされています。

また、女性にも微量ではありますが男性ホルモンが分泌されています。ホルモンバランスが崩れると男性ホルモンが優位になってしまいやすくなり。それによって皮脂の分泌量も増え、ニキビができやすくなります。

そんなホルモンバランスを乱れさせてしまう原因が日常生活の乱れです。特に睡眠不足はホルモンバランスを乱れやすくします。また、食生活の中でも特に脂肪分が多い食事やアルコールの多飲は皮脂の分泌を増加させて、毛穴を詰まらせやすくします。

さらに、顔は頻回に洗うことができ、汗をかいたらこまめに拭く、石鹸などの洗い残しがないように気を使う方が多いのですが、背中はそこまで気を使われなかったり、洗浄も1日1回程度という人が多くなります。特に体を洗った後に髪の毛を洗う習慣がある人では、髪をすすいだ時のシャンプーやコンディショナーが流しきれずに背中についたままになってしまい、これが毛穴を詰まらせる原因になるという場合もあります。

そして、もう1つニキビを作る原因が菌なのですが、背中ニキビと顔のニキビではこの菌が異なります。顔のニキビは通称アクネ菌と呼ばれる菌が原因となりますが、背中にできるニキビの原因菌はマラセチア真菌というものになり、この菌が背中ニキビを作ってしまうのです。

また、発症部位により原因が異なるとも言われており、背中全体にニキビが見られる場合は発汗が原因、下着のラインにできる場合は摩擦が原因、背中の中央にできる場合は皮脂が原因とされています。

背中ニキビの歴史

ニキビについてはクレオパトラが悩まされていたという説や、平安時代の歴史書にニキビに関する記述が残っていたなど古く昔からニキビに悩まされていたということが分かる書類が残されています。

背中ニキビについては、古代ローマ時代から悩まされていたという説があります。古代ローマ時代にニキビに悩まされた人々は入浴がニキビの治療に効果があると考え、傷の治癒にも使用するミネラルウォーターと硫黄の風呂に入浴していたという説があるようです。顔だけでなく全身湯に浸かって治癒を目指したということから背中にもニキビがあったのではないか、つまり古代ローマ時代から背中ニキビに悩まされていたのではと考えられています。

 

背中ニキビの症状

背中ニキビの症状は、皮膚にぽつっと発疹ができその種類によって発疹の色や大きさは異なります。背中ニキビの場合顔のニキビと違い目で確認できないこと、痒みや痛みが出にくいことから、気づかれにくく気づいた時にはニキビ跡として残ってしまうことが多いです。

背中ニキビの種類

背中ニキビの種類は、ニキビの進行度合いによって分類されます。

まず、ニキビの初期段階である白ニキビです。これは毛穴に皮脂が詰まった状態を指し発疹が白色もしくは乳白色に見える状態です。

進行すると次の状態が黒ニキビです。白ニキビが進行することで被膜が開き、そこが空気に触れて酸化するため黒く見えるニキビです。

さらに進行すると赤ニキビとなります。赤ニキビは毛穴に詰まっている皮脂に細菌が異常繁殖し、炎症を起こしている状態です。赤く腫れたニキビとなることが特徴です。

最後が黄ニキビで、炎症を起こした後、膿を持った状態となります。この状態にまですすむとニキビ跡が高確率でできてしまいます。

背中ニキビの注意点

背中ニキビは前述したように見えない部分であり自覚症状が顕著に現れないため悪化しやすいということです。

そのため、背中を触った時にできものがあると感じた、しかし病院邇くべきかどうか迷っているという場合はぜひ一度当院皮膚科にご相談に来ていただければと思います。背中の皮膚は顔より厚いため、同じ治療薬を使用しても薬が浸透しにくかったり治るのに時間がかかる場合があります。しかし早期に発見できればしっかりと治すことができます。また、摩擦などニキビに負担をかけることで重症化しやすかったり跡が残りやすくなります。背中を触ってぽつっとできものができていると感じた場合、なるべく摩擦をかけたりきつい衣服を着用して汗が残りやすい環境を作らないようにすることをお勧めします。

背中ニキビの治療法

できてしまったニキビを自身の判断で治療したりすると間違った治療をしたりして、跡が残ってしまったり再発しかねません。皮膚科に行けばカウンセリングをしてもらえますしその後の過ごし方なども細かく教えてもらえます。食事に関しても重要ですのでそこもきちんと聞くと良いでしょう。

- フォトフェイシャル -

フォトフェイシャルは、背中ニキビを治す上で最も有効的な方法です。これは特殊な光を使用して背中ニキビの原因であるアクネ菌を死滅させる治療法です。1回ではあまり効果は見られませんが数回の施術を行うことでニキビが目立たなくなり予防にもつながります。

- ホルモン治療 -

背中のニキビはホルモンバランスが崩れて発症するという原因があります。だとするとこのホルモンバランスが整えばニキビができにくい肌になっていくのです。
ホルモン治療は3か月程度行うとだんだんニキビは改善されてきます。このホルモン治療は、医師でしかできませんので、希望の方は必ず皮膚科などに出向くようにしましょう。

背中ニキビの検査

背中ニキビは診察により診断が可能であるため特別な検査を行うことはほとんどありません。しかし、背中ニキビを繰り返す、重症な背中ニキビがある場合は血液検査やホルモン検査を行い原因を調べることもあります。

背中ニキビの治療薬

背中ニキビに対して、当院皮膚科では患者様の症状に合わせてお薬を処方させて頂いております。

お薬は外用薬、内服薬を主に使用し治療を行います。外用薬は、抗菌作用、抗炎症作用のあるお薬や、抗生物質、角化細胞の分化抑制や毛穴の閉塞を防止する薬剤の中から患者様に適したお薬を使用します。内服薬は抗生物質やビタミン剤、漢方薬を症状に合わせて処方させて頂きます。

日常でできる背中ニキビケア

重症化していたらすぐさま皮膚科に行くべきですが症状が軽い場合は、自身でケアもできます。ビタミンC誘導体の入った化粧水や美容液を用いて毎朝晩使用するようにしましょう。そして一番してほしいのが、規則正しい生活、バランスをとれた食事をすることです。短期的にはもちろん効果はできませんが、長期的にみると改善することは大いに見込めます。みなさんの知っていることを継続するだけであなたのニキビの悩みも解決するかもしれませんね。

背中ニキビの保険診療

新宿、西新宿地域にある当院皮膚科では保険診療内での診療を中心に行っております。そのため、当院皮膚科へご来院される際には必ず健康保険証をご持参いただきますようお願い申し上げます。

背中ニキビの治療費用

新宿、西新宿を中心とした幅広いエリアの方にご利用いただいている当院では必要性のない治療や投薬はせず、患者様の負担を最小限とした質の高い医療の提供をモットーにしております。

背中ニキビでお悩みの方やまず一度相談をしたいという方はどうぞお気軽に当院皮膚科をご利用いただければと思います。