TOPへ戻る

〒160-0023
新宿区西新宿1-11-11 河野ビル3F

03-6304-5253

診療時間
午前診療  10:00〜14:00
午後診療  15:30〜19:00

当院で診療可能な診療科

医療費について

新宿駅前クリニック耳鼻科では、原則保険診療を行っております。
ですので、初診時と月初めの再診時は保険証を忘れずにお持ちください。 万が一、受診時に保険証をお忘れになった場合は、保険診療でなく、全額自己負担(自費)となります。
これは、新宿駅前クリニック耳鼻科を含む保険診療をおこなう医療機関では、保険証の確認ができないと保険診療として取り扱うことができないためです。
本来は保険診療ができるのに、保険証がないために自費(全額自己負担)とならないよう、受診時には必ず保険証をお持ちください。患者様の医療費の自己負担を減らすためにも、何卒ご理解とご協力お願いいたします。

医療費の負担軽減のためにできること

お薬代や検査料をかさませない

新宿駅前クリニック耳鼻科では、患者様の医療費(お薬代や検査料)の経済的負担が軽減できるよう日頃より努めております。
原則、医療保険が適用される医療行為に関しては、保険診療を行います。
さらに、お薬の処方の際には、ジェネリック医薬品を処方することでお薬代を軽減したり、検査を行う際には、なるべく不必要な検査は行わないようにしたりするなどの工夫をしております。

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品とは、いわゆる「後発品」をさします。
一方で、先発品とは日本で最初に発売された新薬のことです。この先発品は、一定期間特許を取得しているため、他の医薬品メーカーがその一定期間の間に同じ薬を出すことはできません。
しかし、その先発品の特許期間が終了すると、他メーカーも同じ薬を出せるようになります。この先発品のあとに出された医薬品のことを、後発品(ジェネリック医薬品)といいます。
後発品は先発品よりも開発費用を抑えて製造ができるため、先発品に比べて価格は40%から80%ほどになります。
後発品は先発品よりも安価ではありますが、先発品と同じ有効成分を含み、同じ効果が期待できます。品質においても、後発品は先発品と同様ですので処方の際にはどうぞご安心ください。

夜間早朝加算について

新宿クリニック耳鼻科の受診時に、受付時間が夜6時を過ぎた場合、保険医療制度の関係上、通常の医療費に「夜間早朝加算」が加わります。その夜間早朝加算分が含まれた医療費が、患者様のご負担になります。
保険適用で自己負担3割の患者様は、「夜間早朝加算」がつくことで、プラス150円のご負担となります。
このような経済的負担を減らすためにも、患者様には受診時において夜6時前の受付をお勧めしております。
もちろん、風邪症状や急なインフルエンザ症状など、受診時間の予測がつかない場合もおありだと思いますので、そのような急な場合を除き、なるべく早めの時間に受診する方が良いでしょう。