TOPへ戻る

〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-12-11山銀ビル5F

03-6304-5253

診療時間
午前診療  10:00〜14:00
午後診療  15:30〜19:00

当院で診療可能な診療科

費用

新宿で診療をしている当院皮膚科は保険診療をメインに診療をしています。保険診療を行うためには保険証が必要になります。医療費の自己負担を減らすために、初診時と月初めの再診時は保険証を忘れずにお持ちください。

当院を含む保険診療をおこなう医療機関では、この保険証の確認をしないと保険診療として取り扱うことができないために患者様の全額自己負担(自費)となりますのでご注意ください。

 

費用を抑えるためにできること

お薬代や検査料をかさませない

医療保険が適用される医療行為に関しては、保険診療を行います。また、ジェネリック医薬品を処方することでお薬代を減らしたり、不必要な検査は行わない等の工夫をして、患者様の経済的負担を軽減いたします。
症状が見られないにもかかわらず検査をご希望される場合には保険診療内で検査を行うことができず、自費診療となってしまう可能性がございますのでご了承ください。

ジェネリック医薬品について

日本で最初に発売された先発品(新薬)に対して、後発品をジェネリック医薬品といいます。
先発品は一定期間、特許を取得しているため他の医薬品メーカーが同じ薬を出すことはできません。その特許期間が終了すると他メーカーも同じ薬を出せるようになります。
これが後発品(ジェネリック医薬品)です。

先発品よりも後発品は開発費用を抑えて作れるために、40%から80%ほどの費用になります。
安価ではありますが、先発品と同じ有効成分で同じ効果があります。先発品と同様の品質なので、ご安心ください。

皮膚科のお薬の中には現在ジェネリック医薬品が開発されていないお薬がございます。また、外用薬においては医師の診療上、ジェネリック医薬品よりも先発医薬品の使用を推奨されることもあります。こういった場合にはジェネリック医薬品ではなく先発医薬品で処方させていただくことがございますがご了承ください。また、ジェネリック医薬品ではなく先発医薬品をご希望の方はその旨を診療の際に医師にお申し付けいただきますようお願い申し上げます。

夜間加算がつく場合があります

保険医療制度の関係上、平日夜6時以降の受付の場合「夜間早朝加算」がかかります。
保険適用で自己負担3割の患者様は、150円の加算になります。
こうした負担を減らすためには、夜6時前の受付をお勧めします。

 

ここでは、費用負担の目安を説明いたします。
( 保険適用で3割自己負担の方の場合です )

皮膚科

皮膚科の保険診療

診察料と処方箋料を合計して、1,100円前後になります。

お薬が出た場合は、この他に調剤薬局でお薬代がかかります。お薬が出た場合は、この他に調剤薬局でお薬代がかかります。調剤薬局によってはお薬手帳をご持参いただきますとお薬代が割り引かれることがございますのでお薬手帳をご持参いただきますようお願いいたします。

ご自身の診察の費用の目安について知りたいという方は受付にてご相談いただければ概算をご提示させていただきます。また、ここでは自己負担3割の方の料金の目安をご紹介しましたが1割、2割負担の方であらかじめ概算を知りたいという方もご連絡ください。