TOPへ戻る

〒160-0023
東京都新宿区西新宿1丁目12-11 山銀ビル5F

03-6304-5253

診療時間
午前診療  10:00〜14:00
午後診療  15:30〜19:00

当院で診療可能な診療科

〒160-0023
東京都新宿区西新宿1丁目12-11 山銀ビル5F

当院コンセプト

  • 新宿駅前皮膚科。ニキビ、アトピー、じんましん、いぼ(液体窒素)、水虫、肌荒れ、手荒れ、ヘルペス、帯状疱疹、魚の目、とびひ、あせも、皮膚のかゆみ、痛みなどの病気や症状を保険診療しております。
  • 問診票や電子カルテを使用し、効率化することで、予約不要で、できる限り待ち時間を少なくするようにしています。
  • 医療費の軽減ジェネリック医薬品を処方することにより、薬代を減らし、必要のない検査はおこなわず、患者様の医療費負担を軽減いたします。

初診の流れ

当院へ初めて起こしになる方は
こちらをご覧下さい。

院内の様子

診察室、待合い室などお写真でご紹介致します。

ドクター紹介

当院のドクターをご紹介致します。

新宿駅前クリニック 皮膚科サイトはこちら

お知らせ

    院内感染対策について
    当院スタッフは、マスク、フェイスシールド、ガウン等を着用しています。発熱している方は外の待合室にてお待ちいただいております。

    3月・4月の診療時間について
    3月・4月は、通常通りの診療となります。

    花粉症のご相談
    花粉症の飲み薬や目薬を処方しております。
    他院で処方されてる薬を継続処方をご希望でしたら、お気軽にご相談ください

予約制ではありません。いつでもご来院下さい。

急に体調が悪くなった場合でも、すぐにおかかりになれますよう、予約制を採用しておりません。 予約は必要ございませんので、受付時間内に受付へご来院ください。

比較的空いている時間 午前11時~午後1時45分までは、比較的すいております。

必要ない検査をせずに、費用負担の軽減にもつとめております。

新宿駅前クリニック紹介の動画

皮膚科 紹介の動画

お役立ちコラム

16.08.03 【新宿の皮膚科コラム】じつは手にもできる魚の目

魚の目というと、足の裏や指に発症するというイメージが強いものです。きつい靴を履いていたり、歩くことが多い場合などに、継続的にその部分が刺激を受けて角質が固くなります。 そのため、足の裏が多くなりますが、実は手にできるということもあるのです。できものとしては、それ以外にもタコやイボなどがありますが、それと違う特徴としては芯があるため痛みを伴いやすいという点です。できる原因は足と同じく継続的な刺…・・・続きを読む

16.07.26 【新宿の皮膚科コラム】魚の目が出来るとなぜ痛い?

魚の目は、角質が硬くなったできもので、足の裏や足の指などによくできます。足の裏にできるため、歩くたびに痛いと感じることになり、辛いものです。魚の目ができると痛む原因は、その芯が神経を刺激するためです。 患部は表面から見ると皮膚表面が硬くなっただけのように見えますが、その奥は深く真皮まで及び、中に芯を持っています。芯は固く、歩くたびに神経を圧迫して痛みを与えます。歩行や靴を履くにも刺激を感じる…・・・続きを読む

16.07.20 【新宿の皮膚科コラム】魚の目は皮膚の角質の一部が厚くなってできた「できもの」

魚の目(うおのめ)は、名前のとおり、魚の眼球部分のような形をしている足の裏や指によくできるものです。皮膚の角質の一部が厚くなってそれが深くまで進んで固い芯を作ったできもので、表皮から真皮へと増殖します。 円形状の形で本当にサカナの目のように見えます。見た目が悪いだけでなく、治りにくいのも特徴で、これは自分で皮膚を切り取ったり削ったりしても良くはなりません。 深くえぐったりすると余計に細菌感染を起…・・・続きを読む

16.07.11 【新宿の皮膚科コラム】やけどは範囲が広くて深いほど重症度が高くなる

やけどの重症度は、範囲と深さによって分けることができます。まず深さの分類としては、I度熱傷からIII度熱傷に分けられます。I度熱傷とは、表皮やけどのことを指し、皮膚の表面だけがダメージを受けた状態です。赤くなる程度で治療はほとんど必要ありません。II度熱傷は、浅達性II度熱傷と深達性II度熱傷に分けられ、基本的には真皮までのものを言います。真皮の浅い部分にとどまり赤い水泡が出るのは浅達性、深い部分…・・・続きを読む

16.07.05 【新宿の皮膚科コラム】やけどの初期症状は「強い痛み」が特徴

低温熱傷は低い温度で長時間熱を当てられた部分の皮膚に起こるやけどの症状で、見た目はそれほど重症には見えませんが、深い部分までダメージが及んでいることが多いものです。そのため、見た目以上に強い痛みを感じることになり、症状も重くなります。初期症状の特徴は、通常の火傷とは全く違ったものとなり、見た目は赤くなっていたり水泡ができているだけに見えていても、その症状は徐々に進行していきます。表面からはわかりに…・・・続きを読む