TOPへ戻る

〒160-0023
新宿区西新宿1-11-11 河野ビル3F

03-6304-5253

診療時間
午前診療  10:00〜14:00
午後診療  15:30〜19:00

当院で診療可能な診療科

誰もが一度はかかったことがあるだろう風邪ですか、一口に風邪と言っても様々な種類があります。早く治癒させるためにも、適切な対処法がとれるようにここではどんな風邪の種類があるのかをお教えします。

普通感冒(鼻の風邪)

一般的には鼻風邪と呼ばれるものです。主な症状としては、くしゃみ・鼻水・鼻水・微熱などがあり、ライノウイルス(鼻風邪ウイルス)や、パラインフルエンザウイルスが病原となっています。2~3日で治ると言われていますが、ウイルスによって他人にうつすこともよくあるので、マスクや手洗いうがいなどの配慮が必要となってきます。

ウイルス性咽頭炎(のどの風邪)

主な症状としては、のどの痛み(炎症)・頭痛・食欲低下・発熱などがあり、アデノウイルスの感染によっておこります。3~5日で治るといわれています。
この風邪の注意すべき点は他の病気への感染です。のどが赤く腫れ上がったり、膿んだりしている場合は溶連菌の感染の疑いがあります。軽視しない方が良いでしょう。

お腹の風邪

微熱を伴う、嘔吐や下痢症状がある場合、お腹の風邪と言えるでしょう。ウイルス性腸炎やノロウイルスも含まれるでしょう。お腹の風邪は、ウイルスや菌が消化官に感染しているため、下痢や嘔吐などの症状が出るのですが、治療としては、脱水症状を改善するのが最善策だと言われています。

インフルエンザ

皆様がよく知るインフルエンザには、A型・B型があり、近年は新型インフルエンザの流行もしています。主に冬に流行する、ウイルス性の風邪(急性感染症/流行性感冒)です。全身への倦怠感、筋肉痛、関節痛、高熱などの症状が主です。
感染経路としては、咳やくしゃみなどの飛沫感染が主なので、爆発的に流行します。

肺炎

体調不良により身体が弱っているときに、肺で菌が繁殖することで肺炎になります。普通の風邪とよく似た症状ですが、原因別死亡率は4位といわれているので、気を付ける必要があります。特徴的な症状としては、良くせき込んだり、胸に痛みを感じたりすることがあげられます。以上を感じたら速やかに病院を受診してください。